Loading

BLOG

気品肌:こころ ENERGY

アラフィフ世代のこころの課題

こころの問題に世代は関係はないのかも知れませんが、、

後半戦を美しく生きる為に必要なのは

特に 自分と向き合うことだと思います。

一体自分の何と向き合うのでしょうか?

ここがポイントだと思います。

ズバリ、明言します。

自分のエゴと向き合うこと。

ここしかありません。

エゴはまるで見えない鎖のように、

自分の体に巻き付いていて、

重く、苦しく、

重しのように引きづり歩き、自分から力を奪います。

そこはかとなく、

どんより、モヤモヤ、面白くない気分

雲がかかったような頭の中、

本当の自分を生きられていないようなストレスと不満。

ディケンズの「クリスマスキャロル」という物語では、

主人公の頑固な老人スクルージに教えるために、

こんな亡霊がやって来ます。

身体中を鎖に巻かれて、ずりずり引きずり、不自由極まりない男。

見えてないだけで、生きているスクルージも全く同じような姿だと教えてくれます。

私、この感じ、感覚とっても良く分かります。

全く自分も同じだと思いました。

自分をそこはかとなく苦しめている、

得体の知れない重たい鎖。

この鎖を一つづつほどく作業、

絡まった鎖を切っていく作業が

エゴと向きあうことだと知りました。

不思議なことに、エゴと向き合い、見れば見るほど、

鎖が解けて楽になる、

軽くなる、

解放される感覚が確かにあります。

それは本当に素晴らしい体感です。

ちょっと難しいそう、しんどそう、怖そう、苦しそう、と感じますが、

やみくもに、エゴと向きあうことはありません。

しっかりとしたメソッド、ツールがあります。

それが、元型。

自分の中にある、4つの基本元型と8つのオリジナル元型を見ていきます。

それら12の元型を知ることで、エゴが実は自分を苦しめるものではなく、

フルパワーで自分のいのちを輝かせる味方であり、

そのいのちの使い道、輝かせ方を示してれるものであることがわかります。

私が本当に救われたと思う元型を通して、

自分の中のまだ使っていないエネルギーを汲み上げるように、

まだ使っていない未開発の力を取り戻すプロセスを、

同じように、エゴで苦しむのはもう嫌だ!

鎖から解放されたい!という気持ちでおられる人に

シェアしたいと心から願っています。

共にエンパワメントの道程を歩くプログラム

元型リーディングのセッションです。

気品肌こころ:元型リーディングセッション

 

http://www.e-ibs.co.jp

 

お客様のファスティング体験データ

私の偏愛マップ 人

関連記事

  1. 元型リーディング グループ体験講座

    2018.04.19
  2. パワーストーン過去世リーディング

    2018.06.02
PAGE TOP